営業終わって不動産資格の勉強だって

営業終わって不動産資格の勉強だって

営業終わって資格の勉強はつらいわ、と不動産屋に勤めている友達が最近いつも言っています。出勤はわりと朝は遅いのですが、夜が店を閉めてからも事務作業などもあって帰るのは結構遅くてつらいみたいだ。朝がわりと遅いイメージがあったけど、結構長時間で辛い働き方をしているようですね、不動産賃貸業もきつそうです。不動産業をするからにはもちろん資格の取得も求められますし、専門の知識を常に取得しなければなりません。新しい法律ができたらそれに応じて新しいルールを覚えなければなりませんし、営業時間が終わった後の事務作業も大変だと言っていました。いつも私たちが使うお金よりは不動産の賃貸や売買で扱うお金はかなり額が大きいので営業側も気を遣うと思います。私も昔不動産に関わっていたのですが、当時は短期賃貸17を運営する会社の手伝いを行っていました。別会社で不動産の仲介や売買を主に行う会社があり、男の営業マンがすごい勢いで働いていたのを覚えています。不動産の営業は内覧では車で案内して、ちゃんと決まるようにアフターフォローも必要でとても手間がかかります。上長から毎日数字を確認されている姿をみていて、本当に大変な仕事なんだなと思いました。当時は不動産の査定を担当していたので、私はあまり人には関わらず自分で書類見ながらもくもくと仕事することが多かったです。不動産会社にありがちな資格補助のために宅建はとったので営業もできるんですけどね。

新着情報

おすすめサイト

関連情報